Tuesday, 06 March 2018 14:00

Pecel

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

パソナインドネシアです。今日は、インドネシアの料理、Pecelをご紹介します。

中央ジャワ州、東ジャワ州、ジョクジャカルタでの都市に料理観光をして、あなたは、ほぼ同じ料理の品種を見つけるでしょう。その一つは、Pecelという料理です。Pecelは、様々な種類の野菜と混合して、ピーナッツチリソースを主な原料を使用する料理です。使っている野菜は、ほうれん草、Kangkung、サツマイモ、キャッサバの葉、Beluntasの葉、ゴツコラの葉、Kecombrang、枝豆、ジュウロクササゲ、シカクマメ、実生などです。

提供されるときに、まずは、野菜は煮て、そして、Pecelのソースに添えます。Pecelソースは、Kencur、パームシュガー、塩、チリ、Kecombrang、カフィールオレンジの葉、ローストピーナッツの混合から作ります。このすべてのスパイスは、粉砕されます。Pecelソースの味は、甘い、酸っぱい、辛い、おいしいです。Pecelソースは、現在様々な地域にあります。Pecelソースは、食べ終わってなかった場合、保存され、別の時間に食べることができるので、便利です。

Pecelは、普通に、朝食や昼食のメニューです。Pecelだけでも、他のサイドディッシュとご飯と一緒に食べることができます。各地域は、彼らの典型的なPecelがあり、例えば、ジョクジャカルタとその周辺地域は、調理されたテンペと豆腐と提供され、ソロとMadiunは、Karakせんべいと一緒に提供されます。価格は、一食分当たり5千ルピアから1万ルピアぐらいです。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 66 times Last modified on Wednesday, 07 March 2018 13:01