Wednesday, 07 March 2018 09:36

東ジャワ州のMaduraにあるPamekasan地域のTOPENG GETHAKダンス

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のMaduraにあるPamekasan地域TOPENG GETHAKダンスをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

インドネシアは、様々な民族で構成されています。ですから、インドネシアは、芸術と文化が豊富です。しかし、絶滅の危機にしている芸術は、少なくありません。したがって、保存のために、様々な努力をしています。例えば、東ジャワ州のMaduraにあるPamekasan地域は、地方の芸術の一つを保存しています。それは、Topeng Gethakダンスです。

Topeng Gethakダンスは、Ludruk Sandurの舞台芸術の一部である伝統的な踊りの一つです。 Ludruk Sandurの舞台芸術またはSandurの芸術は、MaduraPamekasanの最も好まれる民芸です。Sandurの芸術は、結婚式、割礼などのあらゆるイベントに常に参加します。ですから、Pamekasan地方のすべての人々は、この芸術を知っているのは不思議ではありません。Ludruk Sandurの芸術では、Topeng Gethakダンスは、オープニングダンスとして上演されます。

Topeng Gethakダンスは、もともとKlonoan ダンスとして知られていました。 Klonoan ダンスのあらゆる動きは、常に "Ge" "Tak"を読み込んだドラムの音に由来します。ドラムの音が、この伝統的なダンスをTopeng Gethakダンスとしました。今では、Klonoanの名前は、もはや使われておらず、Topeng Getakになっています。

この伝統的なダンスは、Topeng Dhalang Maduraの公演でPrabu Baladewaという人物の姿を描いています。この人物は、Maduraの人々が非常に誇りに思う有名人人物です。 Baladewaは、すべての問題を解決するために、全能で、強く、心を開いてまっすぐな性格の人物です。キャラクターは、一般的にMaduraの人々のキャラクターを表現していると考えられます。

Pamekasan 地区の地方政府は、Pamekasan 地区の代表的なダンスとしてTopengGetakダンスを確定しました。 2010年以降、Topeng Getakダンスは、教育課程として学生に教えられ始めました。これは、伝統的な舞踊の保全を維持するのに十分有効であると考えられています。

これで、パソナインドネシアを終わります。

Read 106 times Last modified on Wednesday, 07 March 2018 13:01