Tuesday, 08 May 2018 13:01

南スラウェシ州のBapongka伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州のBapongka伝統をご紹介します。

Bajoは、海から離れることができない民族です。Bajo族の住民集落パターンは、ほとんどの家が水面にあるので、非常にユニークです。昔は、Bajo族は、Lepaまたはボートに住みました。現在、Bajo住民は、群島全体に広がりました。最も多くのは、スラウェシ島です。長い旅をする必要がある、彼らがよく行う漁業伝統があります。それは、Bapongka伝統です。Bapongka伝統は、伝統的な設備を使用し、海洋環境を損害しないBajo族の伝統です。

Bapongkaは、数週間から数か月間に航海して、他の地域に生計や海産物を稼ぎます。彼らは、グループで航海します。各グループは35の船に構成し、各船は1人がいます。Bapongkaグループの形成は、頻繁に関係の近さに基づいています。通常、このグループは漁場で、他のグループと会って、最終的には、1520隻の船に構成する大きなグループを形成します。

彼らが使っている伝統的な船は、アウトリガーとサゴの葉でできた屋根が装備しているLepaと呼ばれています。一般的に、船は漕ぎ手で走っていますが、現在は、いくつかの船は、Katintingというエンジンが装備します。Bapongkaをする時に、彼らは、サゴなどの食料と石油ランプ、水容器、調理・食事器具、寝具、ナマコと他の海産物の漁具などの物資を十分に持っています。

Bapongkaは、シンプルな機器を使用するので、海洋の持続可能性、特に、サンゴ礁に良いです。Bajo族のBapongka伝統には、彼らが従わなければならないいくつかの禁止があります。この禁止は、Bajo族にとって、魚の漁獲量に影響を与えると信じています。その禁止の一つは、Bapongkaをするときに海に何かを捨てないことです。海には、Mboという霊的な支配者があると信じているので、彼らが違反すると災害が起こると信じています。これは、Bapongka伝統が自然を保存することを高く評価しています。

これでパソナインドネシアを終わります。明日もまた他興味深いトピックでお会いしましょう。

Read 45 times