Wednesday, 09 May 2018 12:59

東ヌサトゥンガラ州のBATU PEMALIの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のBATU PEMALIの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.id/japaneseで聞くことができます。

東ヌサトゥンガラ州のBelu 地区と Malaka地区の人々は、毎年7月から11月にBatu Pemaliを行います。この伝統は、宗教的な盗撮の儀式です。通常、お供え物となる動物は、水牛と鶏です。また、この儀式では、いくつかのキンマの葉とビンロウの葉をお供えします。

Batu Pemaliの伝統は、先祖と創造主に感謝の気持ちを表らす形として行われる宗教的な備えものをする儀式です。これらのお供え物は、Raimanuk Faturika村マンドゥー山の頂上にあるKsadan LulikBatu Pemali)など、タブーとされている場所で行われます。この場所は、Atambua.の街から2時間でアクセスできます。

Beluの人々の信念によれば、先祖の精神と自然は、非常に密接に関連しています。彼らは、祖先が、この全宇宙の媒体に住んでいると信じています。その一つは、仕来りでタブーの場所をされている森にあるBatu Pemaliです。このBatu Pemali またはKsadan Lulikは、1メートルあるいは、それ以上の高さの丸い円にきれいに整えられた石の配列(はいれつ)です。このBatu Pemali は、punden berundakという石でできた小さいピラミッドに似ているとも言えます.

この儀式は、宣誓または誓約で始まります。宣誓した後、儀式の参加者は、誓いを破った人には、悪いことが起こるので、誓いを破らないことが求められます。したがって、この宣誓は、まず慣習的な長老から前もって合意を得なければなりません。

このBatu Pemaliの伝統では、Beluの部族長及び市民が、参加しなければならないため、全員が合意された規則を見聞きすることができます。宣誓の儀式の後、お供え物は、石でできた小さいピラミッドに似た石の配置に置かれます。この場所は、お供え物を置くための主要な場所です。それからお供え物を置いた後、儀式の参加者は、共同で祖先の墓をめます。

これで、パソナインドネシアを終わります。

Read 39 times