Friday, 18 September 2020 08:54

南カリマンタン州のAPAM BARABAI(アパムバラバイ)のケーキ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Resep Apam Barabai oleh deacakesdanpuddings - Cookpad

パソナインドネシアです。今日は、南カリマンタン州のAPAM BARABAI(アパムバラバイ)のケーキをご紹介します。

バラバイは、南カリマンタン州のHulu Sungai Tengah県の首都です。この都市には、Pagat Batu Benawa山脈、ロックラガ川、ハンタカン村の温泉ツアーなど、訪れることのできる興味深い観光名所がたくさんあります。料理ツアーには、とても人気のあるアパムバラバイがあります。形は、薄い丸い、茶色がかった赤または白です。味がとても甘いです。

アパムバラバイは、米粉、ココナッツミルク、ブラウンシュガーか白砂糖、キャッサバのタペでできたケーキです。アパムバラバイには、茶色がかった赤と白の2種類があります。茶色がかった赤ケーキは、ブラウンシュガーを使用しています。白いケーキは、白砂糖を使用しています。アパムバラバイを作るには、均等になるまですべての材料を混ぜ合わせ、次にアパムケーキの生地が濃くなるように打ちます。その後、生地を膨らませるように一晩置ます。それからこのケーキ生地を薄くしてダダプの葉で作った型に流し込みます。

味については、質問しないでください。このアパムバラバイケーキは、とても柔らかくて甘いです。また、赤色のアパムは、パームシュガー特有の香りがします。アパムケーキは、通常バナナの葉で包まれています。1つのパケットには、通常810層が含まれており、価格は、5,000 ルピア/パックと非常に安価です。お土産の場合、このケーキは、再加熱すると24時間から3日間食べられます。アパムバラバイは、バラバイの街で見つけるのがとても簡単です。バラバイ市場で買うことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 119 times