Monday, 06 September 2021 08:27

インドネシアの派遣団は東京パラリンピックの当初目標を超えた

Written by 
Rate this item
(1 Vote)


インドネシアの派遣団は、メダルと最終順位の両面で、東京2020パラリンピックへの参加において政府が設定した当初の目標を超えることに成功しました。赤と白の派遣団は、日曜日の夜に合計9個のメダルで正式に閉会した東京での闘争を終わらせました。青年スポーツ大臣(メンポラ)ザイヌディン・アマリは、赤と白のチームの成果を誇りに思っていると語りました。2016年リオデジャネイロ・パラリンピックでは、インドネシアは銅メダルを1つしか獲得できませんでした。これは、日曜日にジャカルタのアンタラ通信社が受け取った書面声明で、ザイヌディン・アマリ大臣が語ったものです。以前は、赤と白のチームは東京2020パラリンピックから5つのメダルを持ち帰ると予測されていました。しかし、インドネシアは実際には、9個のメダルを獲得し、その内訳は金2個、銀3個、銅4個で急成長を遂げました。

Read 363 times