Thursday, 04 August 2022 07:01

インドネシアはASEAN人権対話機関を提案

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、東南アジア諸国連合 (ASEAN) の人権に関する対話のプラットフォームを制度化することを提案しました。これは、82日火曜日にカンボジアのプノンペンで/ASEAN諸国間の人権委員会の代表者と ASEAN 外相会議で、レトノ・マルスディ外相が語ったものです。レトノ・マルスディ外相は、火曜日の記者会見で、この対話は、人権の状況を観察し、人権の実施に関する経験を共有し、委員会の使命を遂行する作業を支援するために利用できると述べました。インドネシアは、ASEAN 外相会議と人権問題の議論が/次回会合の年次議題になることを奨励します。インドネシアとカンボジアは、今年 11 月に開催される人権対話の共同議長国になることが知られています。レトノ・マルスディ外相は、人権の保護は、人権の推進と同じくらい重要だと強調しました。したがって、ASEAN 諸国における人権の行使は、確保されなければなりません。

Read 262 times