Friday, 23 September 2022 08:28

北マルク州のSOYA SOYAダンス

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、北マルク州のSOYA SOYAダンスをご紹介します。

ソヤ・ソヤダンスは、戦争ダンスとも呼ばれます。このダンスの作成の背後には、歴史的な出来事があるため、このダンスは、ユニークで興味深いものです。ソヤ・ソヤダンスは、北マルク州の伝統的なダンスの 1 つであり、通常、高官を歓迎する際に行われます。このダンスは、スルタン・バブラの治世中のテルナテ王国の歴史的出来事に基づいています。当時、スルタン・バブラは、父スルタン・ハイルンの遺体をと取り返すために、テルナテ南部の都市カステラにあるポルトガルの砦を襲撃しました。スルタン・ハイルンは、砦でポルトガルの兵士によって残酷に殺されました。愛国心をテーマにしたこのダンスは、この歴史的な出来事を捉えるためにスルタンの芸術家によって作成されました。

ソヤ・ソヤダンスは、無制限の数のダンサーによって踊られますが、奇数でなければなりません。踊るとき、彼らは、テルナテ語でトゥアラリパまたはリパクラチと呼ばれる黄色いヘッドバンドを着用します。彼らはまた、テルナテ語でタコアと呼ばれる白い胸の開いた服を着ています。さらに、白いズボンと赤、黒、黄、緑のスカートを着用します。ダンサーはまた、左手にサラワクという盾を持ち、右手にガナガナを持っています。ガナガナとは、赤、黄、緑のヤシの葉で飾られた竹の横にガラガラが取り付けられており、振ると音がします。

音楽の伴奏として、ソヤソヤダンスには、、地元ではティファやゴングと呼ばれる太鼓が使われます。ソヤソヤダンスの動きは、非常にダイナミックで熱狂的で、戦争中にテルナテ王国の軍隊の精神でポルトガル人を追放するように伝えます。ソヤソ・ヤダンスのダイナミックで活気に満ちた動きを見るには、是非、北マルク州を訪れてください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 58 times