Thursday, 29 September 2022 09:05

西ジャワ州の観光地ハンジェリ観光村

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地ハンジェリ観光村をご紹介します。

観光・創造経済庁長官のサンディアガ・サラフディン・ウノ観光・創造経済大臣は、2022年のインドネシア観光村賞(ADWI)イベントでトップ50に入るために、食料安全保障プログラムの開発に焦点を当てたハンジェリ観光村を高く評価しました。サンディアガ・ウノ大臣は、9 24 日、西ジャワ州スカブミのハンジェリ観光村で 2022年のADWI のトップ 50 を訪問する際、パラブハン・ラトゥのチレトゥジオパークエリアのハンジェリ観光村が/エデュツーリズムの概念を提供していると説明しました。つまり、絶滅寸前の食用植物「ハンジェリ」の栽培方法を学ぶことです。サンディアガ・ウノ大臣によると、この観光村は、地元の食べ物や栄養価の高いハンジェリの回復を優先しているということです。ハンジェリ植物またはジャリ、オオムギ、としても知られているのは、穀物族またはイネ科の熱帯穀物植物の一種です。この植物は、ハンジェリ観光村にたくさん生えています。

地理学的には、ハンジェリ観光村エリアは、中新世 17 2800 万年前のジャンパン高原の景観の一部であり、海底に堆積した後、地表に持ち上げられて陸地になりました。太古の火山からの堆積物により、ジャンパン高原地域の土壌条件は、乾燥しがち(最小限の水)です。ハンジェリは、水不足(養分不足)でもよく育つため、灌漑を一度も受けたことのない土地をヒューマ農法でハンジェリ栽培用地として利用することができます。歴史的に、この村人は、ハンジェリと文化的、感情的に強い結びつきを持っています。これは、伝統的なハンジェリ食品加工のツールであるエテム(アニアニ)、鎌、ハンジェリ粉砕ツールなどの他のツール、およびハンジェリから作られた伝統的な調製品の形で見ることができます。

ハンジェリの観光村を訪れると、あらゆる年齢の住民が参加するさまざまな演劇やダンスで迎えられます。ここでは、ハンジェリの栽培と加工方法を学び、野菜を収穫し、魚の加工品を食べ、世界ジオパークゾーンに含まれる田園風景を楽しみながらリフレッシュできます。ワルランマンディリ村にあるハンジェリ観光村は、チレトゥグローバルジオパークゾーンに含まれています。この観光村では、ハンジェリご飯のパッケージと、ハンジェリを使ったおかゆ、ランクヘッド、タパイなどのさまざまな食品も楽しめます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 103 times