Friday, 30 September 2022 07:26

東ヌサトゥンガラ州のTI’I LANGGA帽子

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州のTII LANGGA帽子をご紹介します。

東ヌサトゥンガラ州のロテ島に行くと、ほとんどの男性がティイ・ランガと呼ばれる独特の帽子をかぶっています。このヤシの葉で作られた幅広の帽子は、ロテの人々にとって独自の意味があります。この帽子の特徴は、高さ4060センチにもなるユニコーンのような角の形をしていることです。角は、9 つのレベルを持つ「アンテナ」と呼ばれることがよくあります。語源的には、ティイ・ランガという用語は、「帽子」を意味するロテ語(テルマヌ方言) に由来します。この用語は、ヤシの葉Borassus flabillifer)から編まれた帽子の一種を指すために使用されました。

太古の昔からティイ・ランガには、アカエイとカメの2種類しかありませんでしたが、時間とともに、ロテ島のほぼすべての王国またはヌサックには、さまざまな種類のティイ・ランガがあります。ティイ・ランガには、いくつかの種類が知られており、ティイ・ランガ・ド・セラ(ざらざらした葉っぱの帽子)、ティイ・ランガ・ド・ルトゥ(細かい葉っぱの帽子)、ティイ・ランガ・アングク(長い葉を持つ帽子)、ティイ・ランガ・ベベラク(上部が平らな帽子)、ティイ・ランガ・ブハク(四角形の帽子)、ティイ・ランガ・ブウコアク(後端が羽の形をした帽子)、ティイ・ランガ・ピサック(日常生活で使用されるざらざらした葉を持つ帽子)、ティイ・ランガ・ムス(戦争中にのみ着用された葉が直立した帽子)などがあります。

ティイ・ランガには、ロテ・ンダオの人々の生活哲学があらゆる部分に表現されています。ティイ・ランガの特徴は、高さ 40 60 センチメートルの角のような「プルーム」があることです。「プルーム」は、9段で構成され、各段には2つのくぼみがあります。各くぼみの数は、ロテ島の王国またはヌサックの数を象徴する 18 のくぼみです。「プルーム」の18のくぼみは、バランスを象徴する直線で分割されています。ティイ・ランガの帽子の上部には、背中が平等を象徴するよう結ばれた「プルーム」を強化するのに役立つ直線があります。

ティイ・ランガの各端には、きれいに配置され、3 つの円で結合された多くの葉の先端があります。葉の端は、強力な政府構造に団結しているローテ族を表しています。システムの強さは、ティイ・ランガの端に配置された葉の端を締めるために、各円に 2 本の線を囲むことで示されます。

また、前面には、出会うすべての人へのオマージュとして役立つティイ・ランガ帽子の部分があり、そして、強さと勇気を象徴するために頭の上に置くと、ティイ・ランガを締めるのに役立つ紐があります。各ティイ・ランガは、リーダーの精神を持つローテの特徴を象徴するように作られています。一般に、ティイ・ランガは、ローテ人の強さと名誉を意味します。ティイ・ランガを身に着けている人は誰でも、団結し、尊敬し、秘密を守り、ロテの人々を守ることができるリーダーシップの特徴を示すことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 75 times