Monday, 03 October 2022 09:13

在米国のインドネシア大使ロサン・ロスラニ氏は、両国の民主主義の原則における歴史的な近さと類似性を強調した

Written by 
Rate this item
(0 votes)


在米国のインドネシア大使ロサン・ロスラニ氏は、米国のワシントンDCでインドネシア独立77周年を記念して外交レセプションを開催した際、両国の民主主義の原則における歴史的な近さと類似性を強調しました。アンタラ通信社が引用したように、ロサン・ロスラニ大使は、ワシントンDCのインドネシア大使館からの声明で、インドネシア独立宣言の精神は、1945年憲法と多くの中から、1つという米国に属するE Pluribus Unumに生きます。これは、Bhinneka Tunggal Ika のモットー、すなわち多様性の中の団結と同義だと述べました。ロサン・ロスラニ大使によると、世界情勢が不確実性に満ちている中、世界のさまざまな課題を克服するためには、協調と協力がますます重要になっているということです。このイベントには、米国のジーナ・ライモンド商務長官も主賓として出席しました。ジーナ・ライモンド商務長官は演説で、インドネシアのG20議長国としての成功と、インドネシアとの協力と協力関係を強化し続けるという政府のコミットメントに対する米国政府の全面的な支持を強調しました。

Read 72 times