Wednesday, 07 December 2022 07:57

ジョコ・ウィドド大統領は閣僚に異常気象を予測するよう求めた

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ジョコ・ウィドド大統領は閣僚に対し、2022 年末に異常気象が原因で発生する可能性のある災害を予測するよう求めました。これは、火曜日にジャカルタの国家宮殿で、マルフアミン副大統領、先進インドネシアの内閣の閣僚と多数の国家高等機関の長が出席した2023 年の経済状況の予測、COVID-19 への対応の評価、および食糧およびエネルギー危機の予測の議題を含む本会議の導入部で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。大統領は、気象学・気候学・地球物理学(BMKG) からの気象情報を早期警報として、また災害の可能性があるすべての地域での災害緩和のためにも最大限に活用することを検討する必要があることを強調しました。ジョコ・ウィドド大統領は閣僚に対し、災害が発生したときに国家が真に存在することを保証するよう求めました。災害とは別に、ジョコ・ウィドド大統領は、COVID-19 への対応を継続するための予測と緩和も求めました。

 

Read 55 times