Friday, 09 December 2022 06:30

北スマトラ州の観光地 ERGENDANG洞窟

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、北スマトラ州の観光地 ERGENDANG洞窟をご紹介します。

北スマトラ州のデリ・セルダンに旅行すると、必ず訪れなければならない観光名所のエルゲンダン洞窟があります。この洞窟は、鍾乳石形成されている美しい洞窟です。場所は、北スマトラ州、デリセルダン県、シネンバ・タンジュン・ムダヒリル地区、ペヌンキレン村にあります。この観光地は、メダンから 41 キロ離れており、自動車を使用して 2 時間で行くことができます。この観光名所に入るには、13,000 ルピアの入場料を支払う必要があります

エルゲンダン洞窟とはインドネシア語で、太鼓をたたくという意味を表します地元の人々は、特定の時期に伝統的なカロ楽器の音が聞こえると信じています。そして、エルゲンダン洞窟が古代王の娘たちの入浴場所であり、水が不老不死妙薬として使用されたと信じています。この洞窟の真ん中には、確かに温泉プールがあります。この海水浴場は、石垣に囲まれているのでとても面白いです。太陽の光が反射して、洞窟の周りの景色がより美しくなります。このプールでは、プール周辺の新鮮な空気を楽しみながら浸かることができます。使用できるプールがいくつかあります。プールの深さはそれぞれ異なります。

洞窟に入ると、洞窟の天井鍾乳石の美しさに加えて、洞窟内の装飾品がこの観光名所の美しさを増しています。多くの観光客がこの観光名所で自撮りをするのも不思議ではありません。冒険好きの方には、エルゲンダン洞窟も洞窟でキャンプをしているような感覚を提供します。ここでキャンプをしたり、洞窟の周りの土地でピクニックをしたりできます。また、この観光名所には、リラックスできるコテージもあります。 手頃な価格でさまざまな料理を楽しめる食堂もあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

 

Read 79 times