Thursday, 08 December 2022 08:55

中部ジャワ州の観光地TAMAN LANGIT GUNUNG BANYAK(グヌンバニャック・スカイパーク)

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地TAMAN LANGIT GUNUNG BANYAK(グヌンバニャック・スカイパーク)をご紹介します。

観光・創造経済省は、マラン、バトゥ市のグヌンバニャック・スカイパークエリアを、自然災害が発生した場合の シェルター・ツーリズム または一時的な避難場所として指定しています。シェルター・ツーリズム自体は、新しい観光概念です。政府は、観光部門で開発できる可能性があると考えています。したがって、この地域は、観光地としての経済効果だけでなく、一時的・最終的な避難場所としての機能も果たします観光地として、グヌンバニャック・スカイパークは自然の美しさを提供し、さまざまな現代的な写真スポットがあります。

グヌンバニャック・スカイパークは、東ジャワ州マランのバトゥ市にあります。バトゥ市の広場から、 23 分で到着します。この観光地に入るには、10,000 ルピアのチケットを支払う必要があります。スカイパークの概念は、人間のチャクラ(天使)の 7 つの光を表しています。そのため、この観光スポットには、天使を表す 2 つの翼のある女性像が飾られています。他にも、アンサ・ワハナ・ブラマ、ガルーダ・ワハナ・ウィスヌ、シンガ・ワハナ・シヴァの 3 体の像があります。 3 つすべてが、創造者、保護者、リサイクル者としての神の顕現のイメージを持っていますこの観光地では、バニャック山を背景にさまざまな写真の場所を提供しています。訪れた観光客は、涼しい空気を楽しみながら自撮りしたり、リラックスしたりできます。

バニャック山を背景にした面白い写真スポットがたくさんあります。例えば、おとぎの国の写真スポット、芝生のベッド、巨大な白鳥、翼のある王女からユニークな古びた隠れ家などです。すべてを試すことができます。自撮りに満足した後、訪問者は、朝の涼しい空気を楽しみバニャック山の頂上からバトゥ市とプジョン市の景色を見ながら、利用可能なカフェで食事をすることができます。良い写真を撮るには、午前中に訪れるのが良いでしょう。夜を過ごしたい場合は、観光地の宿泊施設を直接予約できます。家族向けの宿泊施設は、モニタリングポストにあります。パートナーと二人きりの場合は、ラベンダーヴィラを予約できます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 55 times