Friday, 03 February 2023 07:11

ドイツは、ロシアが調停の努力に同意することに消極的であることを批判

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ドイツは、ロシアがウクライナとの戦争を終わらせるための調停の努力に同意することに消極的であることを批判しています。ドイツ政府のスポークスマンであるシュテフェン・ヘベストライト氏は水曜日ベルリンで記者団に対し、トルコ、ブラジル、イスラエルを含む多くの国が両国間の調停を申し出たと語りました。しかし、ヘベストライト氏は、ブラジルの介入を警戒しており、何かが生まれる可能性があるかどうかを確認する必要があると述べました。今週初め、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領は、自国と中国に対し、可能な限り仲介役を務めるよう提案しました。ロシアとウクライナの間の和平交渉の開始を要求するだけでなく、ルラ大統領は、双方と交渉のテーブルにつくのに十分なほど強く尊敬されている国のグループを形成する必要性を強調しました。和平交渉に関するルラ大統領の姿勢は、ロシア軍がウクライナから撤退した後に交渉が開始される可能性があると繰り返し述べてきたドイツの首相の姿勢とは対照的です。

Read 81 times