Wednesday, 17 May 2023 07:47

ロンボク州のTANJUNG BIASビーチ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、ロンボク州のTANJUNG BIASビーチをご紹介します。

ロンボク州の西ロンボク県にあるセンテルク村のタンジュン・ビアスビーチは、午後、おしゃべりしたり、ビーチで遊んだり、料理ツアーを楽しんだりできる楽しいスポットです。美しく装飾された料理の屋台が並んでいます。タンジュン・ビアスビーチの雰囲気は、特に午後遅くから夕方にかけて、いくつかの場所でモダンなカフェのように見せたり、シーフードレストランに典型的な景観空間をアレンジしたりする活動など、引き続きざわめきます。タンジュン・ビアスビーチの定番は、砂浜に椅子とお手玉が並べられ、色とりどりの傘が日陰を作り、海と夕暮れの色にまり始めた地平線が一望できます。

実際、ロンボク島は現在、ますます整備が進んでいます。美しい自然、豊かな文化、料理、歴史はすべて有望であり、ロンボク島には、観光の可能性があります。さらに、現地の住民や観光関係者は、訪れる観光客に最高の経験と思い出に残る思い出をもたらすために、多くのことが心から誠実に行われなければならないという認識をますます高めています。例えば、優れたサービス、清潔さ、安全性、快適さ、そして環境の保全などです。

タンジュン・ビアスビーチは、バトゥ・ラヤール地区のセンテルク村の海岸にあります。このビーチには、バリ島のアグン山の景色を背景に、夕暮れ前の夕日の魅力的なパノラマの美しさなど、独自の魅力があります。波も比較的小さいので、子供から大人まで入浴または泳ぐ場所に最適です。今ではきれいに整備されたタンジュン・ビアスビーチの様子を見れば、ここが住民のゴミ捨て場だったとは誰も思わないでしょう。しかし、その後センテルク村の若者たちが料理の屋台を建てて観光地に変えました。屋台を販売場所にすることで、地元コミュニティに直接利益がもたらされます。

ロンボク島で現在人気のある大衆観光センターとしてのタンジュン・ビアスの配置により、ロンボク島はますます親しみやすく、インスタ映え観光地となっています。よく見ると、タンジュン。ビアスビーチの配置方法は、バリ島のジンバラン観光の配置に似たシーフードベースのビーチ観光の配置とそれほど変わりません。さらに、タンジュン・ビアスビーチは非常に戦略的な場所にあります。なぜなら、この美しいビーチがマタラム市からそれほど遠くない場所にあり、人気の観光地スンギギへ向かうルートの近くにあるからです。

このビーチに入るには、モントン交差点(サンディクバトゥ・ラヤルマタラム)を含むいくつかの入り口を通過し、モントン村役場の横から入ります。またはマタラム - スンギギ方面に向かって少し北にある入り口を取っています。入場券はバイク12,000ルピア、車15,000ルピアのみです。駐車料金も同様です。駐車料金はバイクが2,000ルピア、車が5,000ルピアとなっています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 167 times