Thursday, 18 May 2023 08:00

バンカ・ブリトゥン州のTARI REBO観光村

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バンカ・ブリトゥン州のTARI REBO観光村をご紹介します。

バンカ・ブリトゥンに旅行するなら、タリ・レボの観光村を訪れる必要があります。タリ・レボは、バンカ・ブリトゥン県バンカ県、スンガイ・リアット地区のレボ村にあります。タリ・レボ観光村には、さまざまな興味深い観光スポットがあります。その 1 つはチェマラビーチです。以前、この場所は、ブリキの採石場と伐採地でしたが、現在は魅力的な観光地に変わりました。セマラビーチには、さまざまな乗り物が用意されており、目を楽しませてくれる自然の魅力があります。このビーチには、貝殻が豊富にあるため、観光客や地元の人々は、伝統的な木製の漁具、または一般にニャカル活動と呼ばれるものを使用して、貝殻を掘ったり引っ張ったりして、観光客や周辺地域の人々を魅了します。

セマラビーチの他に、白い砂浜と整ったヒノキの並木が広がるタカリビーチもあり、美しい砂浜と青い海が広がり、涼しい風を満喫できる絶好の観光地です。タリ・レボ観光村には、ビーチの美しさに加えて、必ず訪れるべき観光名所の 1 つであるパゴダ・ヌサンタラもあります。このパゴダ(塔)は、海抜 356 メートルのレボの丘にあります。このエリアからは、バンカパノラマの美しさと広大な海を楽しむことができます。この場所には、観光客が訪れることができるいくつかの興味深いスポットもあります。その中には、観光客が自撮りするのに人気の場所であるガラスの橋もあります。高さ 15 メートルの塔の存在は、タリ・レボ観光村の多様性の象徴となっています。

また、タリ・レボ観光村は、ケルルット蜂蜜の収穫体験など教育面でも魅力があります。文化的な魅力もあり、その 1 つは、歓迎ダンスとしてのCampakダンスです。タリ・レボ観光村は、ホームステイ、一連の創造的経済商品、タリ・レボ観光村で観光と創造的経済を積極的に発展させている観光啓発団体(ポクダルウィ)の存在によっても支えられています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 108 times