Friday, 19 May 2023 08:46

東ヌサトゥンガラ州のROKO MOLAS POCOの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州のROKO MOLAS POCOの伝統をご紹介します。

東ヌサトゥンガラ州のマンガライ地区には、ロコ・モラス・ポコの伝統と呼ばれるユニークな伝統があります。この伝統は、伝統的な家を建てるときに行われる儀式です。ロコは、誰かの娘を連れてくるという意味、モーラスは、若くて美しい女性、ポコは、森林地帯の丘の上という意味です。ロコ・モラス・ポコは、梁の上に座っている若くて美しい女性を村の庭に連れて行くことから、伝統的な家の大梁(主柱)を森林地帯からパレードする伝統です。マンガライの伝統的な家の構造において、シリボンコックという主柱は、既存の柱の中で最も神聖なものです。この伝統は、今も守り続けられています。その証拠に、511日には東ヌサトゥンガラ州東マンガライ県ラナメセ地区のパカン・ゲンダン家でまだ開催されていました。

ロコ・モラス・ポコの儀式が行われる前に、ムバル・ゲンダンの伝統的な家で他の一連のプロセスが行われます。このプロセスは、村の住民が参加する伝統的な家の建設計画から始まり、森の中で最良の木を伐採する特別なグループを準備するための役割分担までです。伝統的なロコ・モラス・ポコの儀式は通常、伝統的な家の建設を始める前に行われます。

儀式は、通常シリ・ボンコックと呼ばれるゲンダンの家の主柱を持って行われます。森林地帯から主梁を取り出すという伝統的な儀式が行われなければ、ゲンダンの家を建てるプロセスを実行することはできません。通常、選択した木は、最高の木です。木が伐採される前に、まず地域住民が祈ります。伐採された丸太は、パレードされます。パレードの際、伝統的なマンガライの衣装を着た女性が梁の上に座ります。村民たちは、森林地帯から村の庭の真ん中までパレードを行います。

行列に伴って、豚が屠殺されます。豚の血は、巨大な木片の前にこぼれます。行列が終わると、すぐに、女性が丸太の上から降りてきます。再び鉦と太鼓が打ち鳴らされます。次に、ダンサーのグループが、大梁の周りを周回し、それをゲンダンの家の建設現場の地中に打ち込みます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 213 times