Wednesday, 24 May 2023 09:31

東ヌサトゥンガラ州のKOMODO村

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州のKOMODO村をご紹介します。

ラブハン・バジョからスピードボートで1時間の旅は短く感じます。それもそのはず、空と海は青く、背景の緑の丘は、色のグラデーションを描いています。桟橋に降り立つと、子供たちや住民たちがすぐに「私たちの村、コモド島のコモド村へようこそ!」と言わんばかりの優しい顔で迎えてくれます。一つ確かなことは、コモドオオトカゲの自然の生息地を訪れる場合、それが住民の村にあるとしても、観光客は、絶滅危惧種の生息地や行動を理解しているガイドまたはレンジャーの同行が必要だということです。ここでは、人間とコモドオオトカゲが共存しているため、お互いに気を配らなければなりません。

地元の人々は、コモドオオトカゲが人間の存在に邪魔されないように世話をし、コモド村を快適に旅行できるように、訪れる観光客にも気を配っています。コモドまたはコモドオオトカゲ(ヴァラヌス・コモドエンシス)は、東ヌサトゥンガラ州のコモド島、リンカ島、フローレス島、ギリ・モタン島、ギリ・ダサミ島でのみ生息する大型オオトカゲの一種です。コモド島の先住民にとってこの動物は、オラとも呼ばれています。コモドオオトカゲは、オオトカゲ科の最大の種であり、平均体長23メートル、体重100キロに達する世界最大のトカゲです。

理想的には、各グループの最大人数は 10 人で、10 人の場合は、ガイドが 2 人必要になります。地元ガイドの存在も、終わりのないコモド島に関するさまざまな物語、神話、楽しい事実で、旅をさらに思い出深いものにします。コモドのトレッキングルートは、観光客を美しい丘に導き、彼らは、海とその麓の村々の景色を眺めることができます。頂上には、ところどころに自生する数本のモリンガ(モリンガ)の木をって、休憩用の傘代わりに使える日陰のビダラの木が2本あります。広がる草の花、木、低木、丘陵の風景がこの場所をおとぎの国のようにします。

コモドオオトカゲが近づいてきた場合、ガイドは観光客に急な動きをしないよう呼びかけます。この動物の視力は、嗅覚ほどくありませんが、異常な動きをすると簡単に気をらされます。ガイドは、棒を使って、これらの絶滅危惧種に触れることなく、コモドオオトカゲを釣り、追い払います。ガイドはまた、コモドの子は、自己防衛の本能として木に登ることがあると注意を促しました。コモドの子は、トカゲなどの小動物を獲物として食べます。丘を下りてきた観光客は、高床式に建てられたバジョ独自の家がいくつかある、村の住人が住む温かい路地を探索することになります。

コモド島のコモド村には、旅のお土産や装飾品の注文として木からコモドオオトカゲを彫る彫刻家が数十人います。かつては、コモドオオトカゲの本来の色に合わせた黒色の木材が一般的に使われていました。しかし、現在では、シーハイビスカス、チーク、ナラの木から彫像を作ることもできます。例えば、2 月から 3 月にかけて、スピードボートは、午後 3 時までに島を出なければなりません。おとぎの国を満喫してください。自然を持続可能な状態に保つために、環境を清潔に保ち、動物たちの安らぎを保ちましょう。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 200 times