Thursday, 25 May 2023 09:10

東ジャワ州の料理NASI PECEL RAWON

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州の料理NASI PECEL RAWONをご紹介します。

東ジャワ州のバニュワンギ県には、美しく興味深い観光スポットが数多くあるだけでなく、さまざまなおいしい地元料理もあります。そのうちの1つは、ペセル・ラウォン・ライスです。この食べ物は、バニュワンギのレストランから屋台まで、簡単に見つけることができます。ペセル・ラウォンは、実際にはマディウン産のペセルとスラバヤ産のラウォンを組み合わせたものです。しかし、バニュワンギでは、この食べ物は、野菜とペセル調味料が入ったラウォンソースがペセル、ラウォン、ライスと組み合わされています。

ペセル・ラウォン・ライスを食べると、ペセル特有の風味豊かな味付けと、おいしいラウォンソースが組み合わさってとても美味しいです。また、もやし、長豆、ほうれん草などの野菜からも新鮮な感覚が感じられます。エンパール、揚げた肺、塩漬け卵、揚げ豆腐やテンペ、ペイェクなどのおかずと一緒に食べるとさらに美味しくなります。独特の味を楽しむために、ペセル・ラウォン・ライスは通常、注文に応じて提供されます。まず、お皿にご飯と茹でた野菜を盛り付け、次にラウォンソースをかけ、最後に野菜の上にペセル調味料をかけていただきます。しかし、別のボウルにラウォンソースが付いているものもあります。この料理は、バニュワンギで簡単に見つけられます。価格は、一皿17,000ルピア~20,000ルピア程度と比較的お手頃です。

ペセルとラウォンを組み合わせたこの料理は、バニュワンギの人々のアイデンティティとなっています。バニュワンギ文化研究者のハスナン・シンゴディマヤン氏は、混合というアイデアは、確かにバニュワンギの人々の性格であり専門知識であると語りました。彼は、バニュワンギの人々は、新しいものに対して非常にオープンであると述べました。ペセル・ラウォンは、インドネシアのさまざまな種類の料理に対するバニュワンギの人々の寛容さを表しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう

Read 237 times