Friday, 19 April 2024 09:15

インドネシア工業省は中東産の工業用原材料の輸入に対する奨励金を準備

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシア工業省は、世界の不安定な地政学的状況から産業部門を守るために、中東産の工業用原材料の輸入に対する奨励金を準備しています。アグス・グミワン・カルタサスミタ工業大臣は、418日木曜日ジャカルタで、この奨励金は主にナフサやその他の化学原料の大部分を同地域から輸入している上流の化学生産産業に与えられると述べました。アグス・グミワン大臣は、現在の世界の地政学的状況の影響を受けるのは、エネルギー価格の上昇、物流コストの上昇、米ドル為替レートの上昇の3つであると判断しました。これは世界経済とサプライチェーンの一部としての結果です。アグス・グミワン大臣によると、現在工業省は、現在進行中の紛争の影響から産業部門を守るための解決策を策定しようとしているということです。アグス・グミワン大臣は、原材料の入手を容易にするために、特定の原材料の輸入緩和も必要であると付け加えました。しかし、工業大臣は、現在の世界の地政学的混乱のさなかにある国内産業部門の状況は、依然として平穏であり、制御下にあると保証しました。

Read 111 times