Monday, 30 July 2018 11:43

マルク州のBATU ANGUS観光地

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

パソナインドネシアの時間です。今日は、マルク州のBATU ANGUS観光地をご紹介します。この放送は、voinews.idで聞くことができます。

山の噴火は、必ずしも悲嘆ろしいことのニュースをもたらすわけではありません。この証拠は、噴火したガマラマ山の溶岩流が、今Batu Angusとして知られている自然の飾りになります。Batu Angusは、マルク州Ternata Utara Kota区Tarau村のTernate市にある好きな観光地のひとつです。

Batu Angusの観光地は、 "黒い宝石" Ternateと見なすことができます。なぜなら、Batu Angusは、黒い宝石でえているように見えるからです。宝石は、ガマラマ山のふもとから海岸まで広がっています。Batu Angusは、17世紀にガムラマ山が残っていた溶岩噴火であり、石に変わった溶岩は、燃やされた石のように見えます。それは、凍結された溶岩がい黒い色があるから、Batu Angusと呼ばれます。この石は、普通ですが、全体を見ると、この石のコレクションの別の美しさが見えます。

Batu Angusの観光地には、歴史的なサイトもあります。このサイトは、1945年の戦争で飛行機から飛び降りたときに、パラシュートが正常に開かれない日本人兵士の死の場です。また、フォードオレンジ要塞、Tolucco要塞、Kalamata要塞、Kastela要塞などの多くの植民地遺産の要塞も、観光地にあります。 Ternate で人気のある観光地でもあるTolire は、Batu Angusのパノラマの美しさを増加します。

 Ternate の環状道路区間の軸に位置する観光地は、3,000ルピアの関税で都市交通を利用したり、1時間当たり50,000ルピアのタクシーを利用したりすることができます。しかし、自家用車を使用する場合は、車の20,000ルピア、オートバイの5,000ルピアの入場料を支払うだけです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 77 times