Monday, 05 August 2019 12:39

北スマトラ州のGEOSITE SIPINSURの観光地

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、北スマトラ州のGEOSITE SIPINSURの観光地をご紹介します。

Geosite Sipinsurの地域は、バンドンのLembangの蘭の森に似たキャラクターを持っていると考えられています。したがって、この地域は、千年旅行者の目的地として開発されたと考えられています。 Geosite Sipinsurは、Humbang Hasundutan地域の主要な観光地の一つです。面積は、2ヘクタールで、海抜1,213メートルの高度に位置しています。

Geosite Sipinsurに入ると、Humbang Hasundutanの冷たい山の空気に歓迎されます。観光公園への入り口は、非常に美しく、約4メートルの歩道は、両側の緑豊かな松の木に覆われます。この松林地帯は、キャンプ場としても機能します。また、子供用の遊び場施設もあります。GeositeSipinsurから、観光客は、Sibandang島の小さなトバ湖の真ん中にある2番目の島に向かいます。島へはムアラ港から1015分、 GeositeSipinsurから丘とがりくねった道を車で約30分で行くことができます。

Geosite Sipinsurは、非常に簡単に達成できます。北タパヌリのシボロンボロンにあるシランギットのシシンガマンガラジャ12世国際空港から約18 キロメートルです。車を使用している場合は、約30分で到達でき、過去のバタクトーバの村と墓、水牛のみとリントンニフタ地域に沿ったリントンコーヒー農園の沼地(ぬまち)を通過します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 82 times