Wednesday, 16 May 2018 09:44

北スラウェシ州のTondanoの典型的なSATE KOLOMBI

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、北スラウェシ州のTondanoの典型的なSATE KOLOMBIをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

北スラウェシ州は、その観光地の美しさだけでなく、様々なユニークな独自の料理も有名です。北スラウェシ州の典型的な料理の味は、インドネシアの他の地域の料理より劣っていません。したがって、北スラウェシ州の典型的な料理を試食することなく、北スラウェシ州を訪問するのはありえないことです。北スラウェシ州の典型的な料理の一つは、Sate Kolombiです。

Sate Kolombiは、金または黒の十分な大きさのカタツムリであるKolombiの肉が基本材料です。Kolombiは、トンダノ湖で生きています。Kolombiを取得するには、通常、網を使います。また、午前中に来なければなりません。なぜなら、暑くなってからでは水面に現れるKolombiが水の中で溺れてしまうからです。

北スラウェシ州の典型的な料理は、北スラウェシ州のMinahasa 地区の Boulevard Tondanoで見つけることができます。通りに並ぶ数十の食べ物屋台があります。また、その場所は、田んぼに位置しているので、美しい風景を見ながらSate Kolombiを試すことができます。したがって、このエリアは、平らな場所にあり、巨大な火口にいるかのように円を形成する山に囲まれています。

Sate Kolombiの味は、北スラウェシ州の大半の人々の好みに合うようにスパイシーです。使用されるスパイスは、ニンニク、タマネギ、カイエンペッパー、ショウガ、ピーカン、ターメリック、ライム、砂糖、塩です。調理する方法は、まず、肉と殻を分離することです。その後、肉は、ゆでてきれいにします。その後、残りのカタツムリの歯は、取り除かれます。その後、肉をスパイスに浸します。してから数時間後、肉を柔らかくするために茹でます。その後、肉は、焼く準備ができています。一度焼いたら、最初に準備された調味料混合物は、Sate Kolombiの上に注ぎます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 16 times Last modified on Thursday, 17 May 2018 12:35