Monday, 15 January 2018 10:24

マルク州のTahuri楽器

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

ぺソナインドネシアの時間です。マルク州のTahuri楽器をご紹介します。この放送は、9525 KHz短波放送だけでなく、voinews.id/Japanese でも聞くことができます。

マルク州には、カイ諸島、タニバー諸島など、多くの興味深い自然の観光地があります。また、非常に美しい自然の観光に加えて、マルク州は興味深い文化を持っています。その一つは、Tahuri楽器です。このマルクの典型的なトランペットのような楽器は、シェルで作られています。使用されるシェルのタイプは、トリトンシェルです。

シェルトランペットは、沿岸地域に住むマルクの人々が使用しています。このタフリの芸術は、1958年頃に発展しました。Tahuri楽器は、子供と青年からなるオーケストラの形で、他のいくつかのマルクの典型的な楽器と一緒に演奏しました。過去に、この楽器は、人々や長老に、Baileoという会議室に集まるよう呼び出すためにも使用されていました。Tahuriのパフの数は、独自の意味があります。たとえば、一回のTahuriのパフには、死亡した人がいることが示されます。また、シェルトランペットは、危険な兆候、伝統的な儀式、先祖の呼びかけ、帆走中の風の召喚の手段としても役立ちます。

Tahuriの製造に使用される貝類は、サミュラキ、ドーボ、アル諸島、バンダなどのマルクの様々な地方で獲れたものです。このマルクの楽器を作るために、貝を、まずきれいに洗います。その後、シェル(貝)にドリルで穴を開けますします。特定の調子を得るには、作成された穴のサイズと使用されるシェルのサイズに応じています。小さな貝の殻は、高音を生成します。一方、大きな殻は、低音を生み出します。楽器の音色は、フルートなどの他の楽器の助けを借りて調和します。

このアンボンの典型的な音楽は、これまでアンボンの様々な場所で行われています。その一つは、アンボン島フツムリ村にあります。これまで、Tahuriは、ほとんどすべてのマルクの伝統的な儀式で演奏されていました。したがって、マルクの人々にとって、この典型的な楽器は、神聖な価値を持っています。マルクに加えて、Tahuriは、パプア州のビアク地区など一部の地域でも知られています。マルクのように、この地域では、Tahuriは、一般的に人々を呼び出すツールとしても使用され、時々、パプアの典型的な踊りで演奏されています。

これで、ぺソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 1622 times Last modified on Tuesday, 16 January 2018 06:26