Tuesday, 06 February 2018 19:00

Lampung州のPugung Raharjo遺跡公園

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、Lampung州のPugung Raharjo遺跡公園をご紹介します。

Lampung州は、スマトラ島で、最も南側の州です。ジャカルタから飛行機で45分ぐらいかかって、Lampung州は、海洋観光、冒険的な観光、国家公園、歴史的な観光まで完全な観光地を持っています。歴史的な観光を好きな人には、Lampung州は、訪問しなければならない観光地であるPugung Raharjo遺跡公園を持っています。この考古学的な公園は、文化遺産の地位をもって、ヒンズー教、仏教、イスラム教の先史時代の時の旅を節約します。この公園は、東Lampung地区のPugung Raharjo村に位置しています。Bandar Lampung市から約52キロメートルで、陸上輸送で2時間ぐらいかかります。

Pugung Raharjo遺跡公園に到着した後、訪問者は、早速観光地に行くことができます。なぜなら、この観光地は、入場料金はありませんからです。6ヘクタールの面積を持つサイトに入ると、住宅地から遠く、トウモロコシの栽培の真ん中にあるこのサイトの自然の美しさを楽しむことができます。ここでは、あなたは、城の堀、6つのPunden Berundak遺跡、Batu Mayat遺跡、巨石池などの考古学的な遺跡を持っています。城の堀は、四角の形をもって、遺跡公園の全体を広がって囲んでいます。この城と堀は、現在、それはちょうど土で覆われ、草で覆われた巨大な山のように見えます。この堀は、昔に、野生動物の邪魔や敵の攻撃から避難所として機能しました。

Pugung Raharjo遺跡公園の遺産は、最初に、1957814日に地元住民に見つかりました。数年後サイトの領域で様々な研究を行いました。1977年から1984まで、歴史と遺産の保護と発展の総局所長によって、Pugung Raharjo遺跡公園で修復を行いました。その後、この遺跡は、Pugung Raharjo遺跡公園として観光地に開発されました。

これでパソナインドネシアを終わります。明日もまた他興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 896 times Last modified on Wednesday, 07 February 2018 10:35