Monday, 12 February 2018 08:45

中部ジャワ州のLAWANG SEWUの観光地

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のLAWANG SEWUの観光地をご紹介します。この放送は、9525 KHz短波放送だけでなく、www.voinews.idでも聞くことができます。

Semarangは、中部ジャワ州の首都です。ジャカルタ、スラバヤ、メダン、バンドンの後、インドネシアで5番目に大きな首都です。この都市には、自然観光、宗教的な観光、歴史的な観光など、多くの観光地があります。スマランで最も有名な歴史的観光の一つは、オランダの植民地時代に建てられたLawang Sewuです。

Lawang Sewuは、1904227日、オランダ東インドの鉄道会社の一つであるNISの本社として設立されました。この建物には、地元の住民が、この建物を "千戸"を意味する "Lawang Sewu"と呼ぶように、ドアのような高くて広い窓があります。建物は、Lawang Sewuと名付けられていますが、実際に、この建物には、429のドアしかあります。建物は、長い間、無視されていないようですが、Lawang Sewuは、20116月の終わりに修復され、201175日に一般公開されました。

NISの本部として建設されて以来、Lawang Sewuの歴史は、インドネシアの鉄道から離すことはできません。インドネシアの独立後、この建物は、現在、インドネシア鉄道会社と呼ばれるインドネシア共和国の鉄道のオフィスとして使用されます。また、地方軍事司令部のインフラオフィスと中部ジャワの輸送部の地方事務所としても使用されています。一方、闘争中、この建物は、セマランの五日の戦いのイベントから沈黙証人になりました。したがって、スマラン市政府は、1992年に、Lawang Sewuは、保護されるべきスマラン市の102の歴史的建造物の一つに含まれていました。

Lawang Sewuは、中部ジャワ州のSemarang市にあるSemarang Tengah Pemuda 通りKomplek Tugu Mudaにあります。正確には、スマラン市の中心部に位置しています。したがって、観光地へのアクセスは、非常に簡単です。 Lawang Sewuは、毎日午前6時から午後9時までオープンしています。入場料は、一人当たり大人10,000ルピア、生徒と子供、5,000ルピアです。地下に入る場合は、一人当たり30.000ルピア、ツアーガイドをうには、30.000ルピアを支払う必要があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。

Read 1465 times Last modified on Monday, 12 February 2018 09:36