Friday, 16 February 2018 12:52

中部ジャワ州のGREBEG SUDIROの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のGREBEG SUDIROの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.id.を聞くことができます。

中部ジャワ州のソロ市での旧正月のお祝いは、とても活気があります。ソロの街には、特にPasar Gede(大きな市場)、 Jenderal Sudirman通りとUrip Sumoharjo通りのPasar Gede複合で、5000個の提灯が飾られています。それだけでなく、壮大な門は、ソロでの旧正月のお祝いの間、市庁舎Pasar Gedeの間の道路に設置されました。 Pasar Gedeの場所は、実際にソロ市の旧正月の中心です。中国の旧正月の祭典のピーク時には、12十二支12のネオン・ノックス・ショー、5つの犬十二宮提灯、、ウォルクドーロ・提灯も、Jenderal Sudirman通りに設置されました。旧正月の様々な装飾品でソロの街を美しくすることに加えて、様々な一連のイベントはまた、2569旧正月を活気づけているために提示されました。ソロ政府は、ジェナンフェスティバルがピークに達するまでGrebeg Sudiroを開催しました。

211日、何千人は、Urip Sumoharjo通りとJenderal Sudirman通りを詰めまれました。彼らは、Grebeg Sudiroの文化的パレードを見に来ました。中国とジャワ社会のブランドパレードは、午後2時から始まりました。Grebeg Sudiroのパレードは、旧正月のお祝いであり、作物とバスケットケーキを含む9つのGununganという山を形成するように整えられた生産物を提示します。 2つのGununganは、45 Banjarsari記念公園とLoji Gandrungという市長の公邸の形です。また、Pasar GedeのミニチュアのGununganもあります。Gununganは、Sudiroprajanの都市村の周りにパレードされます。パレードは、Pasar Gede正面から始まります。パレードされた後、住民は、バスケットケーキを争っていました。

Grebeg Sudiroは、中国とジャワの社会のブランド伝統です。Grebegという言葉は、Mulud(預言者ムハンマドの誕生)、Syawallebaran祭日)、Idul Adha祭日、スロ(ジャワの新年)などの特別な日を歓迎する典型的なジャワの伝統です。このお祝いのピークは、山を形成するように調整されている生産物と競います。この伝統は、仕事でなければ食べないを意味するora babah ora mamahのジャワ哲学に基づいています。一方、山の形は、ジャワの人々が神に感謝の意を表します。

Grebeg Sudiroの伝統は、毎年Sudiroprajan地域で開催されています。 Sudiroprajanは、ソロのJebres地区の都市村です。この地域では、中国人民族の子孫は、すでに数十年前にジャワの人々と和解しました。時間とともに、2つの民族の結婚があり、こうして新しい世代が生まれます。それらの間の文化的交流を示すために、Grebeg Sudiroと呼ばれている新しい伝統を開催されます。この伝統は、2007年に初めて開催されました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょ。

           

Read 1164 times Last modified on Saturday, 17 February 2018 09:37