Saturday, 10 February 2018 19:00

Siring Kemuning海岸

Written by 
Rate this item
(1 Vote)


パソナインドネシアです。今日は、Siring Kemuning海岸をご紹介します。

海洋国としてインドネシアは、海岸線が長く伸びています。そのため、たくさんの美しい海岸を持っているのは当然のことです。その一つは、国際的に人気があるバリのKutaSanur海岸です。しかし、隠されている魅力的な美しい海岸も少ないではありません。その一つは、Maduraに位置するSiring Kemuning海岸です。正式に、Bangkalan市の41キロメートルの北側にあるTangjung Bumi県のMecajah村に位置しています。

名前の通りに、遠くから見ると、Siring Kemuning海岸の砂は、一般的な白い砂のように、黄色に見えます。カラフルに見える砂だけでなく、波も黄色に見えます。「Kemuning」という言葉はジャワ語から付けました。黄色に見える海岸の色は、このSiring Kemuning海岸の名前の起源になりました。

MaduraBangkalanにいるときに、Siring Kemuning海岸の美しさを楽しみたい人は、Siring Kemuning海岸へのルートは難しいくないです。たくさんの乗り物を使用することができます。公共交通機関は、8千ルピアだけで、利用することができます。自家用車を使用する場合、あなたは、2つのルートがあります。それは、西のルートと北側に向かう中央の道を行くことができます。この2つのルートは12時間ぐらいかかります。

Siring Kemuning海岸に入る時に、あなたは入場料金を支払う必要はありません。しかし、自家用車を使用する場合、オートバイクは7千ルピアと車は1万ルピアの駐車料金を支払う必要があります。Siring Kemuning海岸にはまだ施設はありませんが、あなたは、この海岸の美しさを楽しむことができます。多くの木々のために、涼しく美しい雰囲気と黄色いの砂で飾り物としてのサンゴ礁に加えて、このSiring Kemuning海岸での背景が美しく見えます。この海岸の波はあまりにも大きくはありませんが、このビーチの波がひっくり返っているので、このビーチで泳ぎたい人、特に、あまり泳ぐことができない人と子供達は、注意が必要です。

これでパソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 959 times Last modified on Saturday, 10 February 2018 19:27