Monday, 05 September 2022 08:57

バリ州の観光地MONUMEN BAJRA SANDHI

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バリ州の観光地MONUMEN BAJRA SANDHIをご紹介します。

バジュラ・サンディ記念碑の観光地は、デンパサールの中心部にある記念碑です。この記念碑は、バリ島の人々の闘争に捧げられたものです。この記念碑の場所は、正確にはレノンにあるバリ州の地域首長のオフィスとバリ州の池沼議会ビルの前にあります。記念碑の建設は、1987 年にバリのイダ・バグース・マントラ元州知事の主導で始まりました。 2003 6 14 日、この記念碑は、メガワティ・スカルノ・プトゥリ大統領が、バリ芸術フェスティバルの開幕に合わせて発足させました。それ以来、この記念碑は一般に公開されています。

バリ人民闘争記念碑博物館のコレクションには、33 のジオラマと写真と絵画のコレクションが含まれています。ジオラマでは、観光客は、有史以前の時代、バリの古代時代、バリの中期、バリの人々が独立のために戦い、それを埋めていた時代のバリの人々の生活を見ることができます。各ジオラマには、バリ語、インドネシア語、英語の 3 つの言語で情報が提供されます。

ジュラ・サンディ記念碑は、英雄を称えるバリの闘争記念碑であり、世代から世代へ、そして時々バリの人々の闘志の保存の象徴です。また、インドネシア共和国の統一国家の完全性を維持する精神の象徴でもあります。この記念碑の建築コンテストで優勝した建築家であるイダ・バグース・ゲデ・ヤドニャ博士の建築デザインは、1945 8 17 日のインドネシア共和国の独立記念日を意味し、17 の入口​​ゲート、8 本の主柱、記念碑の高さ 45 メートルの設計をしています。

バジュラ・サンディという名前は、バジュラとサンディという言葉に由来しています。バジュラは、ゲンタ、サンディは、神聖を意味します。記念碑の建物の形から見ると、ヒンズー教の僧侶が祈りの儀式で呪文えるときに使用する聖なるのように見えます。バジュラ・サンディ記念碑は、日本、中国、韓国などのアジアの観光客にとっても独自の魅力を持っています。そのパゴダのような形は、観光客が訪れることに興味をそそります。なぜなら、彼らの国にも多くの仏塔があるからです。博物館のほかにバジュラ・サンディ記念碑の施設は、図書館、魚のいる池、手工芸品、トイレもあります。この記念碑に入るには、訪問者は、大人は25,000ルピア、子供は10,000ルピアを支払う必要があります。一方、生徒は2000ルピア、学生は5000ルピアを支払うだけで済みます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 84 times