Thursday, 08 September 2022 08:26

バンカ・ビリトゥン州の観光地TIKUS EMASビーチ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バンカ・ビリトゥン州の観光地TIKUS EMASビーチをご紹介します。

バンカ・ビリトゥン州のバンカ島に旅行すると、訪れることができるさまざまなビーチの観光があります。そのうちの 1 つは、 Tikus Emas(金色のネズミ)ビーチです。地元の人々の話によると、このビーチは、かつてネズミが生息するエリアなので、Tikus「ネズミ」ビーチと呼ばれています。丘の上から眺めても、浜辺の形は、ネズミのようです。また、このビーチは、ネズミの小道や遊歩道がたくさんあることから、Tikus「ネズミ」ビーチとも呼ばれています。古代、この道は、スズ採掘者が海辺までスズを運ぶために作ったと言われています。

Tikus Emas ビーチの場所は、バンカ・ビリトゥン諸島バンカのSungai liat 地区の東ルートにあります。距離は、パンカルピナン市のデパティアミール空港から陸路で約 45 分です。 Sigambir の生産林管理ユニットの森林利益エリアの一部であるビーチ観光では、1 人あたり 5,000 ルピアの入場料がかかります。また、二輪車の駐車料金は 2,000ルピア、自動車の駐車料金は 5,000 ルピアです。 Tikus Emasビーチは、白い砂浜、穏やかな海、檜の木が整然と並ぶビーチです。

海が穏やかなので、水遊びや海水浴をしてもとても安全で楽しいビーチです。 Tikus Emasビーチを訪れる際は、海岸での乗馬も体験できます。運賃は、子供が 15,000ルピア、大人が 20,000 ルピアです。Tikus Emasビーチには、利用できるアウトバウンド施設もあります。水上観光がお好きな人は、バナナボートやジェットスキーをお試しください。水上の乗り物は、バンカ海の速い波を楽しむためのオプションです。この観光名所には、レストラン、トイレ、駐車場など、さまざまな施設があります。また、敷地内にテントやガゼボのレンタル施設があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 85 times