Friday, 09 September 2022 07:24

中部ジャワ州の観光地CURUG SUMBA

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地CURUG SUMBAをご紹介します。

中部ジャワ州のプルバリンガ県に旅行すると、特に水観光が好きな人のために、訪れることができる観光地スンバの滝があります。この滝は、山の風情と自然の美しさに魅力があります。滝は、中部ジャワ州のプルバリンガ県のカラング・レジャ地区、トラハブ・キドゥル村に位置し、市内中心部から約 16 キロにあります。プルバリンガ市の広場からは、約 30 分の長い道のりでたどり着くことができます。この滝は、トラハブ・キドゥル村の小さな橋の下にあります。途中、田んぼに出ると、苔や草木が映る美しい緑の滝が見えてきます。この観光地への入場には、5000ルピアの入場券が請求されます。

スンバ滝の高さは、約 15 メートルで、木々や岩に囲まれた森のような雰囲気がこの滝の自然な雰囲気を増しています。崖の上には、水が流れる小さな洞窟があります。滝自体は、大きくありませんが、洪水時には、非常に大きく激しくなることがあります。通常は同じ水たまりに3つの滝が流れ落ちますが/梅雨になると水量が増えます。雨季にシャワーを浴びたり泳いだりする場合は、注意が必要です。

スンバ滝を訪れると、ウォータープールで水浴びをすることができます。水深が2メートル以上あるため、泳げない人は、ブイを使う必要があります。ブイを持ってくる時間がない人は、浅瀬で泳ぐこともできます。また、滝の後ろにある洞窟を探索することもできます。この洞窟は、自然に形成され、岩だらけです。洞窟の中には、水が流れている岩のポイントがいくつかあります。滑りやすいので、立ち入りには、注意が必要です。この観光名所には、レストラン、公衆トイレ、駐車場が完備されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 91 times