Monday, 12 September 2022 07:37

東ヌサトゥンガラ州のUMBIRO儀式

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州のUMBIRO儀式をご紹介します。

東マンガライの人々の 90% もの人が、畑と稲作の両方で農家として働いています。彼らは、自然と一体となって生きています。さまざまな種類の園芸を植えることに関連するすべてのことは、常に、宇宙と創造主である神をえる伝統的な儀式の前に行われます。したがって、東マンガライの人々が農業に関連するさまざまな伝統的な儀式を行っている理由は驚くべきことではありません。その一つが、り始めた頃に田んぼの端で行われるUMBIRO(ウンビロ)儀式です。

ウンビロの儀式は、宇宙と祖先、創造主である神に豊穣の成果をもたらし、精霊による妨害から米を守るように祈願するために行われます。ウンビロの儀式は、東マンガライ、特にムベンガン村、ラナコロン村、グヌン村、グヌンバル村、その他 22 の村の農民によって常に行われています。これまで地元の人々は、稲の花が咲き始める3月に田んぼの端でウンビロ儀式を行ってきました。

ウンビロ儀式は、長くて豊かな米粒を宇宙に求める儀式です。地元の言語で、「ウンビ」は引っ張る、「ロ」は森に住んで育つロープの名前です。ですから、この儀式は、綱引き大会のようなものです。ユニークなことに、ウンビロを行う人々は、地元の伝統的な服である「ソンケ」、ショール、デスタルというヘッドギアを着用することにより、男性に対する女性です.この儀式が行われる際には、米にまつわる歌も儀式に伴奏します。畑の端でウンビロの儀式が行われる前に、鶏、豚、山羊、他の物などの形で自然、祖先、全能の神に最初の供物が捧げられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 90 times