Thursday, 15 September 2022 08:09

南スラウェシ州の観光地MAROS PANGKEPジオパークエリア

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州の観光地MAROS PANGKEPジオパークエリアをご紹介します。

南スラウェシ州のマロス・パンケップ・ジオパークエリアは、正式にユネスコ世界ジオパークリストに含まれています。この決定により、バトゥール、リンジャニ、セウ、チレトゥ、トバカルデラ、ビリトゥンジオパークに次いで、世界的に認められているインドネシアのジオパークの数が増えています。この決定は、タイで開催されたユネスコ世界ジオパーク評議会の会議の結果に基づいています。マロス・パンケップ・ジオパーク管理局のゼネラルマネージャーであるデディ・イルファン氏は、ユネスコグローバルパークに登録されたことで、マロス・パンケップ・ジオパークへの注目が高まり、この地域が世界の観光地になると考えられていることを明らかにしました。

マロス・パンケップ・ジオパークは、マロス県とパンカジェン諸島県(パンケップ) 2 つの地域にあります。行政上、土地面積は、 223,629 ヘクタール、スペルモンド諸島は、 88.9 ヘクタールです。この地質公園は2015年に正式に設立され、2017年から国家地質公園となっています。この地質公園は、インドネシアが所有する 15 の国家地質公園の 1 つであり、スラウェシ島で国家地質公園のステータスを持つ唯一のジオパークです。その魅力のひとつは、カルストエリアです。マロス・パンケップ・カルストは、その美しさ、独自性、動植物、科学的および社会文化的価値の高さに疑いの余地のない世界クラスのカルストの 1 つです。このカルストは、中国南部に次いで世界で 2 番目に大きいカルスト地域です。

マロス・パンケプのジオパークのカルストには、かつて古代の人間や先史時代の人間が住んでいた何百もの洞窟があります。この洞窟の壁には、40,000 年前の先史時代の絵画の遺物があります。このカルストは、歴史的価値が高いだけでなく、興味深い観光スポットでもあります。このジオパークには、カルストエリアに加えて、蝶の王国があります。蝶の王国は、バンティムルンブルサラウン国家公園保護区にあります。この地域には、240 種の蝶を含む固有の動植物が生息しています。

ジオパークとして、マロス・パンケップには、ジオサイト、生物学的サイト、文化的サイトなど、さまざまな持続可能な自然ベースの観光地があります。このサイトで見つかったジオサイトには、Rijang Bantimala 複合、Pateteyang-Cempaga 変成複合、および Samura Parenreng石化作用が含まれます。一方、生物学的部位のは、ベンゴ・マカロエワ科学の森、カラエンタ原生林、ケハティ公園、トナサ植物園、プンチャックアルゴ植物園があります。また、ベラエ先史時代の複合施設、スンパンビタ先史公園、狩猟場など、文化施設もあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 122 times Last modified on Thursday, 15 September 2022 08:17