Monday, 19 September 2022 08:27

中部ジャワ州の観光地GUA LAWA

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地GUA LAWAをご紹介します。

一般的にインドネシアの洞窟は、石灰岩でできており、丘の中腹に位置するため、鍾乳石石筍(が形成されることが多い。しかし、中部ジャワ州のプルバリンガには、グア・ラワという洞窟が 1 つあります。これは、数千年から数百万年にわたってけて冷却された活発な山の溶岩から形成された火山洞窟です。この溶岩冷却プロセスにより、鍾乳石や石筍を引き起こすことなく、岩が硬く強い黒色になります。岩の厚さは、50メートルにも達するため、衝撃に強いです。ラワ洞窟は、スラメット山のふもと、正確には、プルバリンガ県カラングレジャ地区のシワラク村にあります。この場所は、コウモリがたくさんいることからラワ洞窟と呼ばれています。ラワ洞窟、または地元では通称ゴラガとも呼ばれる洞窟で、長さは約1.5キロ、標高は海抜約900メートルなので空気がひんやりと感じます。

らわ洞窟の自然の美しさを楽しむだけでなく、プルバリンガ県政府は、この観光地をより魅力的にしています。 2018年にレバラン祭日の翌日にオープンして以来、この観光地は、洞窟にあるユニークなコーヒーショップを提供しています。これらの施設の出現により、訪れる観光客の数は、飛躍的に増加しました。この施設は、洞窟を一周した後、リラックスしたい観光客に最適です。暖かいコーヒーを飲みながら、赤、青、緑など色とりどりの光が交互に点灯する洞窟の異国情緒あふれる景色は、忘れられない体験となるでしょう。

洞窟の内部だけでなく、ラワ洞窟の地域の外部も地方政府によって取り組まれ始めています。入口は、マジャパヒト王国時代の扉のように、レンガを並べて構成されています。エリアに入ると、日陰芝生の木が伸びています。このスポットは、観光客の写真を撮る場所を目的としています。すでに政府によって管理されているため、ラワ洞窟へのアクセスは非常に簡単です。プルバリンガの市内中心部から出発する場合、所要時間は 27 キロです。ラワ洞窟は、毎日午前 8 時から午後5 時まで営業しているため、朝から訪れることをお勧めします。入場券の価格は、月曜日から金曜日は I20,000ルピア、週末は 1 人あたり25,000 ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 76 times