Thursday, 22 September 2022 07:32

ボンドウォソ県のSINGO ULUNGダンス

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、ボンドウォソ県のSINGO ULUNGダンスをご紹介します。

シンゴウルンダンスは、伝統的な音楽に合わせて踊るアトラクションとしてのライオンの人形劇です。一見すると、この伝統的な舞踊は、中国のコミュニティに属する獅子舞の芸術に似ています。違いは、使用する獅子人形とダンスアトラクションの形式にあります。 SINGO ULUNG ダンスは、通常 2 人で行われ、イスラム暦のシャーバンまたはルワの月に合わせて村の清掃イベントで行われます。さらに、この伝統的な芸術は、祝賀会、特に毎年 8 16 日のボンドウォソ記念日の祝賀会でも演奏されることがよくあります。

踊るとき、Singo Ulungのダンサーは、一般的に白いライオンの服を着ます。しかし、時々、これらのダンサーは、黒または黄色のライオンの服を着ることもあります。アトラクションでは、シンゴウルンのダンサーが、スピン、ジャンプ、ローリング、スタッキングなどの動きでダンスの動きを披露します。実際、燃えている円を飛び越えて驚くような魅力を発揮することがよくあります。このアトラクションは、確かに観客にとってスリリングなアトラクションであり、エンターテイメントでもあります。ダンサーが躍る時は、ドラムやトランペットなどの伝統的なガムラン楽器と、マドゥラ語の歌の歌詞を伴います。

この伝統的なボンドウォソダンスは、Singoという男性によって作成されました。彼はブランバンガン出身です。Singoは、自分自身を救うために生まれ故郷を離れ、ボンドウォソ県クラバン地区のブリンビング村に住んでいました。 Singo Ulung と彼の妻、Nyi Moena は、豊かな生活を築くためにブリンビングの村人を支援し、協力してきました。そのため、多くの村人が彼を誇りに思い、最終的に彼をブリンビング村の最初の村長に選びました。ある日、Singo Ulungと名付けた伝統舞踊を作るというアイデアが浮かびました。このダンスは当初、イスラム暦であるシャバン月またはルワー月に必ず開催される伝統的な儀式、すなわち「ブリンビング村の清掃」のイベントで演じられていました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 109 times Last modified on Thursday, 22 September 2022 07:43