Monday, 26 September 2022 09:00

香港と台湾に到着しても検疫の必要はない

Written by 
Rate this item
(0 votes)

香港と台湾への国際線利用者は、それぞれの保健当局の方針に従って強制検疫を実施する必要がなくなりました。香港特別行政区 (HKSAR) 政府は、 26 日月曜日から実施された国際線の乗客に対する必須の検疫を解除しました。以前は、地方自治体は 7 日間の検疫を要求していましたが、2022  8  12 日から 3 日間に短縮されました。月曜日に始まる新しいポリシーにより、過去2年間有効であった特定のホテルでの強制的な検疫ポリシーがもはや存在しないことを意味します。

Read 36 times