Monday, 26 September 2022 14:00

インドネシア、南寧のCAExpoで23.3兆ルピアの取引を記録

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシアは最近、広西自治区の南寧で開催された第 19 回中国 ASEAN 展示会 (CAExpo) への参加から、23.3 兆ルピア相当の商取引を記録することができました。北京のインドネシア大使 Djauhari Oratmangun は最近、23.3 兆ルピアに相当する取引の累積額が、展示会中の直接貿易、ビジネス契約、投資 MoU から得られたと述べました。中国本土の南部地域で開催される毎年恒例のイベントでは、インドネシアは常にプラットフォームを構築します。今年のプラットフォームは、270平方メートルの面積に立つインドネシアパビリオンと名付けられ、180平方メートルの面積を持つ商品パビリオンと90平方メートルの面積を持つ国家パビリオンの2つに分けられます。コモディティパビリオンには、宝石、食品、飲料、農業、手工芸品など、いくつかの製品があります。一方、ナショナルパビリオンでは、ダンスとガムラン音楽の両方で、伝統的な芸術と文化のパフォーマンスが行われます。

Read 34 times