Tuesday, 29 November 2022 18:00

環境林業省: COP-27 で「損失と損害」の資金調達メカニズムが合意された

Written by 
Rate this item
(0 votes)

気候変動管理局長 (PPI)  Laksmi Dwanthi 氏は、第 27 回国連気候会議 (COP-27) で いくつかの成果が合意され、その一つが 気候変動による 損失と損害うぃ克服するための 資金調達メカニズムに関するものであると 説明しました。11  28 日月曜日、ジャカルタの環境林業省のオフィスでの記者会見で、ラクシュミ氏は、インドネシアの交渉担当者の 1 人は、気候変動の悪影響による 損失と損害に対処するための財政メカニズムの問題に焦点を当てたと説明しました。彼は、今月、11 月にエジプトのSharm el-Sheikhで開催された COP-27 で、損失と損害の資金調達メカニズムが合意されたと説明しました。このため、ガバナンスを管理し、運用化プロセスを拡大する、損失と損害のためのサンティアゴネットワークが形成されました。しかし、彼によると、計画の実行には、資金調達のコミットメントの額を含め、まだ時間が必要だと 言うことです。

Read 1436 times