Wednesday, 03 May 2023 10:23

サンディアガ・ウノ大臣は2023 年第 42 回 ASEAN サミットで零細・中小企業の参加を保証

Written by 
Rate this item
(0 votes)


サンディアガ・ウノ大臣は、52日火曜日にサンディ・ウノとの短い一週間イベントで、2023年第42ASEANサミットの開催に向けた準備を更新しました。サンディアガ・ウノ大臣は、1,500 室以上の収容能力を持つ 5 つ星から 3 つ星までの 38 ものホテルの宿泊施設の利用可能性を伝えました。ホテル以外にも、ホームステイ、下宿、賃貸住宅、船があり、代替宿泊施設としても用意されています。サンディアガ・ウノ大臣はまた、2023 ASEAN サミットの開催に零細・中小企業、レストラン、カフェの参加を確保しました。

また、第 42 ASEAN サミットに零細・中小企業が参加し、レストランやカフェも参加できるようにしたいと考えています。また、ラブハンバジョ市の料理の目的地として推奨される 20 のカフェレストランの場所と、40 厳選された地元の観光・創造経済の零細・中小企業があることを確認したいと考えています。

さらに、サンディアガ・ウノ大臣は、ラブアン・バジョのコモド国際空港は、7つの駐機場、4つのナローボディ航空機、3つのプロペラ航空機、および年間110万人の乗客を収容できる14,000平方メートルの面積をカバーする旅客ターミナルを収容する準備ができていると述べました。コモド空港は、スルタン・ハサヌディン・マカッサル空港、デンパサールのグスティ・ングラ・ライ空港、クパンのエル・タリ空港の支援を受けています。それとは別に、サンディアガ・ウノ大臣によると、ラブアン・バジョの観光スポットも、観光客を歓迎する準備ができるということです。その後、ワエケサンビフィールドのラブアン・バジョ・ストリート・カーニバルで人々のパーティー、料理のバザー、音楽演奏、文化、ファッションショーが開催されます。ミニツーリズム情報センターは、フローレスのラブアン・バジョ当局に用意されています。

Read 207 times