Wednesday, 24 May 2023 09:07

ジョコ・ウィドド大統領がボゴール宮殿でイラン大統領の国賓訪問を受けた

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ジョコ・ウィドド大統領は火曜日、西ジャワ州ボゴール大統領宮殿でイラン・イスラム共和国セイエド・エブラヒム・ライシ大統領の国賓訪問を歓迎しました。エブラヒム・ライシ大統領とその代表団は、西インドネシア時間午前1030分頃にボゴール宮殿に到着しました。ジョコ・ウィドド大統領とセイエド・エブラヒム・ライシ大統領は、少なくとも10の協力協定に署名する予定です。火曜日にモニターされた大統領官房によると、10件の協力には、優遇貿易協力、科学技術・革新協力、外交・公務旅券所持者へのビザ免除協力などが含まれるということです。また、ハラール商品保証協力、税関協力、医薬品、生物医学、伝統医学、化粧品、食品における協力、麻薬の違法取引撲滅への協力、文化交流協力も行っています。2022年のインドネシアとイラン間の貿易協力額は、25,720万米ドルに達することが知られています。この数字は2021年から23パーセント増加しました。セイエド・エブラヒム・ライシ大統領と側近は、2023524日水曜日までインドネシアに滞在する予定です。

Read 146 times