Friday, 16 February 2024 07:00

パレスチナ大統領、ハマスに対しガザ地区の停戦協定に直ちに同意するよう要請

Written by 
Rate this item
(0 votes)


パレスチナのマフムード・アッバス大統領はハマスに対し、「悲惨な結果」を避けるためにガザ地区での停戦協定に直ちに同意するよう要請しました。214日水曜日パレスチナ国営通信社ワファが報告したように、アッバス大統領は、ハマス運動に対し、1948年のナクバ事件と同じくらい危険な悲惨な結果をもたらす新たな大惨事からパレスチナ国民を救う捕虜協定を直ちに締結するよう要請しました。現在、イスラエルとハマスは、107日に始まり28千人以上のパレスチナ人を殺害した戦争を終わらせるための停戦努力について交渉しています。カタール、エジプト、米国も交渉を仲介しています。アッバス大統領の国際的に認められたパレスチナ自治政府は、エジプト政府が今週開催した協議には関与していません。今回の会談は、ハマスとイスラエルの間で停戦合意に達することを目的としています。一方、イスラエルの最も緊密な同盟国である米国は、パレスチナ国家の樹立を支持しますが、指導者の交代を望んでいると述べました。

Read 166 times