Tuesday, 30 January 2018 19:00

Citamiang健康観光林

Written by 
Rate this item
(1 Vote)
Citamiang健康観光林 jalanwisata.id

 

ペソナインドネシアです。今日は、Citamiang健康観光林をご紹介します。

ハーブは、治療に有用性または価値を有する植物です。現代は、医療技術の急速な発展と豊富な研究で、すべての病気に有効な薬を提供する周辺の植物が多いです。さらに自然的で、化学薬品のような副作用はありません。これは多くの人々がハーブについてもっと知りたいようにするものです。ハーブについて関心を持つ場合、あなたは、Citamiang健康観光林を訪問するべきです。ハーブについて知識を得ることに加えて、この観光林に旅行することもできます。

Citamiang健康観光林は、Bogor地区のCisaruaPuncakの山岳地帯に位置する自然教育に基づく観光地です。ジャカルタの中心から、Citamiang健康観光林は、車で、23時間ぐらいかかります。この観光林は、Puncak Lestari森林村協会とBogorTunas Mandiri財団によって管理されています。3ヘクタールぐらいの面積を持つ観光地は、ハーブの幅広く包括的な知識を得ることができます。

Citamiang健康観光林に訪問するときに、ハーブの知識は、ハーブの植物の周りのインフォメーションボードからサイト上に表示し、ボランティアのハーブガイドもあります。Citamiang健康観光林では、ハーブ種子の播種があります。それは、33種はCitamiangのオリジナルハーブと67種のCitamiang外のハーブで、100種のハーブを持っています。

準備されている教育観光活動に加えて、この観光地には、木製の橋、825メートルの長さのハーブトラック、ハーブの保育園、衛星雨水採取器、コーヒー農園、Pasir Angin地域で自撮りとファミリーサイクリングのスポットもあります。ここでは、一晩滞在することができるキャンプ場もあります。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 820 times