Wednesday, 31 January 2018 19:00

東ジャワ州のSendang Banyu Biru

Written by 
Rate this item
(0 votes)
東ジャワ州のSendang Banyu Biru http://www.tempatwisata-indah.xyz

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のSendang Banyu Biruの観光地の一つをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州にあるグレシック市は、工業都市として知られているだけではありません。 Gresikには、インドネシアの他の地域に負けない魅力的な観光地もあります。また、Gresikには、午後の涼しさを楽しめる自然の観光もあります。その観光地は、Sendang Banyu Biruと呼ばれています。

Sendang Banyu Biruは現在、グレシックの主力観光地となっています。この地区の自治体は、特に2013年以降、旅行者の利便性を支援する施設を美化し、追加するための資金を提供することで開発に参加してきました。現在、湖の端は、すでに、石垣で整備されています。この石は、直径25メートルの湖に観光客が近づくのを容易にします。また、この石は、この観光地がいつも混んでいる週末に、座る場所としても利用できます。

この名前が示すように、Sendang Banyu Biruは、シンボルとなる澄んだ青色の水を持っています。この湖の水は、硫黄分を含んでいるため青い色をしています。地元の人々は、Sendang Banyu Biruの存在は、オランダの植民地時代よりも前の、ずっと昔から知られていると信じています。また、湖の水は、様々な皮膚疾患を治すとも考えられています。

Sendang Banyu Biruには、すでに駐車場、モスク、バスルームなどの施設が備わっています。また、食料品や飲料品を持参していない場合も、ここから比較的近いところに、地元住民が所有する簡単な食堂があるので心配する必要はありません。将来的には、こどもたちの遊具、スイミングプール、あずまや、食べ物や飲み物を売る食事コーナーなどの施設が追加される予定です。

もし、近い将来に東ジャワ州を訪れるなら、Gresikに立ち寄り、Sendang Banyu Biruを訪れることを忘れないでください。この観光地に行くには、東ジャワ州のGresik 地区Dukun 区にあるLowayu村を目指して乗り物で向かうことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 827 times