Friday, 02 February 2018 11:48

南スラウェシ州のASAM SEGAR PAREDEの料理

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州のASAM SEGARの料理をご紹介します。この放送は、短波放送だけでなく、www.voinews.idでも聞くことができます。

KecombrangKantan、またはHonjeEtlingera elatior)は、インドネシアのすべての地域で異なる名前のハーブの一種ですメダンで、この植物は、Kincungとして知られており、Minangkabauの人々は、sambuangという名前で知っています。東南スラウェシ州のPalopoの人々は、Patikalaと呼びます。Honje は、観葉植物のバナナような赤い色です。胴体は、丸く、基部が拡大しています。KecombrangまたはHonjeの花は、通常、群島の様々な料理の調味料や混合物として使用されます。花のは、西ジャワ州で、しばしばサラダとして使用されるか、サンバールと一緒に食べられます。蒸しkecombrangは、しばしばBanyumas地域のPecel料理の一部として使われます。ペカロンガンで、かくスライスされたKecombrangは、若いジャックフルーツから作られたUrap料理の種類であるMeganaのための成分として使用されます。

南スラウェシ州のPalopoの人々は、Asam Segar Paredeという独自の料理の香辛料としてKecombrangまたはPatikalaを使用しています。人々が、ParedeのスパイスとしてPatikalaを使用する理由は、酸っぱい味をだすためです。Paredeは、明確な淡黄色のスープ料理です。この料理では、主原料としてミルクフィッシュ、スナッパー、ラムールなど、海産物のタンパク質を使用しています。魚が、非常に新鮮である場合、作られたソースの味は、生産味の醤油は、海の動物性タンパク質の自然な甘味で非常に新鮮です。

Paredeは、非常に簡単な方法で調理され、スパイスは、カイエンペッパー、酸っぱいPatikalaなど、とてもシンプルです。食べると、Patikalaの使用から作成された香りがします。それは、新鮮な酸味のブレンドである非常においしいです。Paredeは、米と一緒にを食べるのに適しており、若いマンゴーサンバルをえています。しかし、Paredeは、Dange Kapurungで食べれば,もっと特別になります。Dange Kapurungは、サゴーから作られます。

おいしいだけでなく、この料理も、体が健康になります。魚が主要な原料のためにタンパク質が豊富であることに加えて、Paredeはまた、スパイスとしてKecombrangの原材料を使用しているので、コレステロールを低下させると考えられています。Asam Segar Paredeを楽しむことに興味のある方は、Palopoを訪問してください。この都市は南スラウェシ州の北部に位置しています。また、Palopo市のAsam Segar Paredeを見つけるのは、難しいことではありません。多くの屋台は、Dange kapurung Paredeを提供しています。価格は、比較的手頃な価格で、一食あたり17,000ルピア~200.000ルピアです。一方、Dangeの価格は、3000 ルピアから5000 ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

           

Read 910 times Last modified on Saturday, 03 February 2018 21:27