Tuesday, 24 November 2020 10:46

マルク州のWER WARATの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

プソナインドネシアです。今日は、マルク州のWER WARATの伝統についてご紹介します。

海洋 国家として、インドネシア人は、様々な 釣りの方法を知っています。例えば、釣り竿で釣る、投げ網、槍で突く、海で円陣を作るなどです。円陣を作る方法は、マルク県とチュアル市に住むケイ族の伝統です。この 代々 受け継がれた伝統は、現在も地元のコミュニティによって保護されており、今では観光の魅力となっています。

Wer Warat またはロープを引くことは、黄色いココナッツの葉で巻き付けられた籐を使用する ケイ族の魚を捕まえる伝統的な手法です。黄色いココナッツの葉を巻き付けた籐は、人々によって 海に広げられ、その後、円の形になるまで陸地方向へと引っ張られます。この円から、住民は小さな円を作り、円の中にいる魚を、セロと呼ばれる魚を獲る場所へと 導きます。

伝統的なWer Warat で捕まえた魚は,集められ、イベントに参加している人々に分けられます。この伝統は、最近では、1112日と13日にカロディ島のケイベサール地区のソインラット観光村の人々によって実施されました。 Ohoi Soinratの人々がこのWerWaratを約3週間かけて準備しました。使われた材料ー籐、木の支柱、竹、森のロープなど、すべて森林から得た天然材料です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 68 times