Saturday, 13 August 2022 14:00

東ヌサトゥンガラ州の料理「Manggulu」

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ペソナインドネシアです。今回は、東ヌサトゥンガラ州の料理「Manggulu」をご紹介します。

                                                

東スンバ地域は、さまざまな食品を扱う東ヌサテンガラ州の 1 つの地域です。それらの1つはManguluです。Sandlewood島として知られる東ヌサテンガラ島の人々にとって、Mangguluは親から代々受け継がれてきた食べ物なので、もはや外国のものではありません。

            

典型的なスンバ料理であるだけでなく、Mangguluには歴史的価値もあります。植民地時代、この甘い食べ物はオランダ兵の間でとても人気がありました。東スンバの辺鄙な地域に入る時も、いつもこのMangguluの食べ物を持ってきます。味は甘く、見た目はランクヘッドのようで、小さくて持ち運びやすく、空腹を抑える効果があると考えられているからです。

 

Mangguluは、実はバナナを天日干しして乾燥させた食品です。このおいしい料理は、作り方も提供方法も非常にシンプルであることが知られています。Mangulu の基本的な材料、つまり調理済みのバナナとピーナッツは非常に簡単に入手できます。しかし、自然なプロセスを経ているため、製造工程にはかなりの時間がかかります。Mangguluにバナナの皮をむくには、最大 2 週間かかります。まず、熟したケポックバナナを乾かし、次にピーナッツを揚げて皮を取り除きます。次に、2つの成分が滑らかになり、混合されてからドドルに形成されます。

 

伝統的な方法を使用する場合、Mangguluの形成は手作業で行われます。しかし、最近のミキシングと成形は研削盤を使用しています。このドドルのようなMangguluは、もともと乾燥したバナナの葉に包まれています。スンバ人は、乾燥したバナナの葉には防腐効果があると信じているからです。しかし今、バナナの葉はプラスチックのパッケージに置き換えられ始めています。

 

現在Mangguluは家内工業で少量しか生産されていません。防腐剤を使用していませんが、このマングルの家内工業は最長 6 か月間持続します。東ヌサテンガラを訪れるなら、Mangguluはお土産の選択肢になるでしょう。

 

これでペソナインドネシアを終わります。明日もほかの興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 69 times