Wednesday, 10 May 2023 08:38

KOTA TUA SEMARANG(スマランの旧市街)

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、KOTA TUA SEMARANG(スマランの旧市街)をご紹介します。

中部ジャワ州の州都であるスマラン市は、肥沃で人口密度の高いジャワ島の北海岸の真ん中に位置しています。スマランの戦略的位置は、中国、インド、アラビア、ヨーロッパの文化が混ざり合う場所です。チャイナタウンとオランダ商圏を巡ると、いたるところでさまざまな文化的影響を見ることができます。旧市街(Oudstadtと呼ばれる港に近い街の古い側には、かつてヨーロッパの貿易地区だった歴史的な古い建物の列も、探索する価値があります。19世紀から20世紀にかけて、スマランの旧市街は貿易地域でした。当時、人々とその領土を守るために、この地域に砦が建設され、ファイフェック要塞と名付けられました。砦の 3 つの門の間の輸送ルートを高速化するために、輸送道路が作られ、主要道路は、 Heerenstraat と名付けられました。現在、ソエプラプト中将通りと呼ばれます。

旧市街の周りには水路が建設され、現在までは維持されていませんが、その存在は今日でも見ることができます。これが、旧市街が「リトル・ネザーランド」と呼ばれる理由です。ヨーロッパの都市に似た風景とそれを取り囲む運河から離れたその場所は、旧市街をスマランのオランダのミニチュアのように見せます。旧市街エリアには、中央スマランのチェンデラワシ通りエリアにある旧市街博物館と呼ばれる博物館もあります。この場所には、約 50 棟の古代の建物とスマランの植民地時代の歴史があります。一般に、この地域の建物の特徴は、1700 年代頃のヨーロッパ大陸の建物の特徴を踏襲しています。これは、とてつもなく大きな扉や窓の大きさ、色ガラスの使い方、屋根の独特な形、地下の存在感など、ヨーロッパスタイルと同じ独特の建物の詳細と装飾から見ることができます。

スマラン旧市街エリアの中心は、スリグンティン公園にあります。かつてこの公園は、プレインパレードと呼ばれ、軍の兵舎に近いことから、軍事パレードの場としてよく利用されていました。広場になる前は、この公園はヨーロッパ国民のケルクホフまたは墓地として機能していました。19 世紀初頭、ケルクホフはペンガポン地区に移されました。スマランのチャイナタウンエリアで絶対に試していただきたいことの 1 つは、非常に有名なスマランのルンピアというスナックです。多くの人は、Gang Lombok は、スマラン市全体で最高のルンピアを提供すると語ります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 318 times