Thursday, 11 May 2023 07:08

ジョコ・ウィドド大統領は、カンボジアの発展を支援したいというインドネシアの願望を表明

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ジョコ・ウィドド大統領は、カンボジアの開発に関与したいというインドネシアの願望を表明しました。これは、510日水曜日、東ヌサトゥンガラ州ラブアン・バジョで42ASEANサミットの合間に、カンボジアのフン・セン首相を迎えた際、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。これは水曜日、ルトノ・マルスディ外相によって伝えられました。経済協力を拡大し続けるというインドネシアのコミットメントには、カンボジアの開発、特にインフラの開発に関与したいというインドネシアの願望が含まれています。さらに、ルトノ・マルスディ外相は、フン・セン首相との会談で、ジョコ・ウィドド大統領も、インドネシア政府が人身売買、特にオンライン詐欺の被害者となったインドネシア国民を救わなければならなかった際に提供されたカンボジアの支援に感謝の意を表明したと述べました。レトノ・マルスディ大臣は、大統領がインドネシアが人身売買、特にオンライン詐欺の被害者となったインドネシア国民を救わなければならなかった際のカンボジアの援助に感謝の意を表明したと付け加えました。さらに、レトノ・マルスディ外相は、二国間会談中、ジョコ・ウィドド大統領も、昨年、カンボジアがASEAN議長国を務めたことに祝意を示したと述べました。大統領はまた、今回のインドネシアの議長国に対するカンボジアの支持を高く評価しました。

Read 214 times