Friday, 12 May 2023 06:55

ジョコ・ウィドド大統領は、IMT-GTフォーラムで協力の精神を奨励

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシア・マレーシア・タイ成長トライアングル(IMT-GT)協力フォーラムは30周年を迎え、3カ国8,500万人が参加するゴールデン・トライアングルの協力フォーラムに変貌しました。ジョコ・ウィドド大統領は、世界的な危機にも関わらず、2021年のIMT-GT貿易額がなんとか6,180億米ドルに達したことに感謝の意を表明しました。511日木曜日に東ヌサトゥンガラ州ラブアン・バジョで開催された15IMT-GTサミットの開会式の演説で、ジョコ・ウィドド大統領は、IMT-GTが包括的で持続可能な経済成長の原動力であり続けるよう奨励しました。なぜなら、今後の課題は容易ではなく、不確実性が依然として高いからです。競争は依然として激しく、世界経済ショックによるドミノ効果は依然として脅威となっています。 2036年のIMT-GTビジョンを達成するために、特に競争力、接続性、観光、投資を強化することによって、協力の精神を広めましょう。IMT-GT会議後、ジョコ・ウィドド大統領は、2023年から2025年までのインドネシア・マレーシア・タイ成長トライアングル訪問年を開始しました。大統領は、パンデミックが世界の観光セクターに壊滅的な打撃を与えたと述べました。 IMT-GT3か国でも、海外からの観光客の数は90パーセント以上減少しました。しかし、同氏によると、昨年以来、外国人観光客の移動が最大9億人に増加するなど、観光部門は回復し始めており、今後も増加すると予測されているということです。したがって、ジョコ・ウィドド大統領は、IMT-GT諸国に対し、インフラ、革新的なブランディング、デジタル観光の開発に焦点を当て、機会をつかむために迅速に行動するよう奨励しました。大統領によると、これにより、タフで包括的かつ持続可能な観光エコシステムを強化できるということです。

Read 180 times